Word Online

Microsoft Word OnlineはOfficeのテキストプロセッサーのオンラインバージョンです。プログラムのデスクトップバージョンに類似した機能を提供します

Microsoftのオフィススイート、Officeは 間違いなく、このカテゴリーで一番名高い製品です。内蔵されてあるツールパックによって、オフィスでの通常の業務を簡易化し、自動化させます。また、家庭や教育面などの他の場面でも利用できる性能を持っています。

その中には、スプレッドシートの管理や、スライドショーによるプレゼンテーションの作成をするためのプログラム、そして、最も知られている、文章の作成や編集のための機能があります。1983年に最初のバージョンが出た、Microsoft Wordのことです。

少し前まであった、このテキストプロセッサーを手にするための問題は、ハードディスクにダウンロードする必要があったことです。WindowsのバージョンでもMac用のバージョンでも同じでした。しかし、データ接続とクラウドコンピューティングの発展により、インターネット接続さえあれば誰でもアクセスできるサービスが蔓延し始めました。そして、このプログラムの場合は、オンラインバージョンであるMicrosoft Word Onlineが開発されました。

インターネットとMicrosoftのアカウントだけが必要です

唯一の条件はMicrosoftのアカウント(ご存知でしょうが、現在はOutlookですが、以前のHotmailやMSNのものでも使用できます)、電話番号か米国の会社と提携してあるSkypeの名前を所持していることです。その時点から、ウェブブラウザさえあればいかなる場所からでも作業が可能なアプリケーションのオンラインバージョンにアクセスできます。

このアプリはデスクトップバージョンに酷似していますが、フリーまたは無料版です。何もダウンロードする必要がありません。あらゆるオペレーティングシステム(Windows、MacOS、Linux、Android、iOSなど)からアクセスできます。製品の2016バージョンに似た機能を持っていて、2013、2010、2007バージョンと互換性があります。

要するに、Googleの製品であるDocのようなクラウドサービスや、OpenOfficeやLibreOfficeのようなOfficeの影で成長し始めた代替と対抗するために開発されたフリーアクセスのテキストプロセッサーです。

主な概要

  • オンラインドキュメントを開き、作成し、編集します。
  • クラウド、ハードディスク、メモリーカードや他のストレージユニットからドキュメントを開けます。
  • ユーザーのOneDriveアカウントと同期。
  • 中断した作業を他のデバイスで再開。
  • ゼロからか、既存のテンプレートからドキュメントを作成
  • WordドキュメントをPDFに変換するための機能。
  • DOC、RTFとODTファイルと互換性があります。
  • Skypeや他のユーザーと共有しましょう。

まとめると、オフィスドキュメントを開いて作業するための無料のオンラインツールです。デスクトップバージョンと比べて多少の制限はありますが、他のプログラムとの互換性を気にせずに、あらゆる場所でドキュメントで作業できるようにしてくれます。Chrome、Firefox、Edge、Operaや他のあらゆるウェブブラウザからアクセスできます。

条件と追加情報:
  • Microsoftのユーザーアカウントが必要です。
Microsoft
1年以上前
2021年07月26日
-

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続